ライバルアリーナVS【攻略】定期大会オリンピア開催初日『禁断の林檎』

スポンサーリンク
ビッグバナー

img_0359

ライバルアリーナVS初の定期大会『オリンピア』が開催しましたね。

初日はとりあえず、10戦で8勝2敗でした。

2敗の内1戦は最終ターンの読み負けで、

まぁ仕方ないかなぁ〜といった感じ。

もう1戦は3回連続で読み負けて逆転負けという悔しい展開。

しかもレートが0対80とかで30減ってゲンナリ……

モチベを保つために、読みが冴えたかな?って試合を記録しておきます(笑)

ライバルアリーナVS『オリンピア』備忘録

ライバルアリーナVSの対人戦でもっとも重要な『読み』。

読みの基本は、相手が『どの程度リスクを取るか』を戦いの中で把握することです。

私が相手の性格を判断するときは、初手の動きや中盤の突撃などの行動を参考にしています。

初手で縦陣形に逃げる方は安定思考。

突撃の読み合いで相手の突撃を潰すために、逃げ回る方は安定思考。

安定志向すぎる方は、行動が読みやすいので注意です。

冴えた読み1『禁断の林檎』

img_0355

この盤面、どんな行動をしましょうか?

ちなみに、戦いの中で対戦相手の方を『安定志向』だと判断しました。

こちらは魔獣ワラワラで体数に余裕が有るので、1〜2回読み負けても勝利が見えます。

高SPDのオールデンが生きている内にリーサルを狙いたい所です。

思考『相手の立場になって考える』

安定志向のつもりで危険な選択肢を消去していきましょう。

左列にはオールデンが構えているので、ウィザードを左列移動はやりにくいです。

→この時点でウィザードの居場所は4択です。

ウィザードの前に自軍がいるため、縦に動くor留まるを選択しにくいです。

右列のどこに移動しても右上の突撃が避けられません。

→この時点でウィザードの居場所は1択です。

『禁断の林檎』を手にするなかれ

img_0356

ずどーん!

安定志向の方が陥りがちな駄目行動ですね。

危険っぽい行動を消去法で全て除外して、一番安定”していそう”な行動をしています。

特に、この盤面では中列の奥に『林檎』が落ちていたので、

『この場所に落ち着きそうだな。』

と、読むことができました。

冴えた読み2『禁断の林檎2(笑)』

img_0353

こちらも似たような盤面ですね。

リプレイから持ってきたので手前が対戦相手です。

お相手の立場(手前)になって、どんな行動をするか考えてみましょう。

リスクを取った行動

もし私が手前なら、相手がリスクを取ったリーサルを狙ってくるのでは無いか?と読み、

『覚醒した真ん中の娘を右列に移動』

ですかね?

もしくは、ダイレクトに左下に突撃してきても死なないように、

『左上or右列中断に突撃』

この辺もありそうです。

安定志向の行動

でも『安定志向』の方は、リスクを取る行動が苦手です。

そのため、直撃を避けるようにウィザードを、

『中列後or右列後』

なんかに移動しがちです。

結果……

img_0354

ずどーん!

この方も、禁断の林檎を手にしてしまいました。

迷ったときの行動の指針に、『なんか林檎が落ちてるから』。

有ると思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする